スラリーeについて


今たくさんあるインターネット英会話レッスンの中では、「スラリーe」は料金が高めです。

一回25分のレッスンが400円から580円です。低価格を最大のセールスポイントにしているところからすると二倍三倍でしょう。

が、それだけの内容のレッスンをしている、との自負があるようです。

それを支えているのが講師陣と、現地のティーチャーズセンターです。

ネットを通して指導してくれる講師はフィリピン人です。これはほかのネット英会話レッスンと違いがありません。

が、違いはその人選です。フィリピンは英語が公用語で、ちゃんと教育を受けた人は英語がペラペラ……ということにはなっています。よくみてみると、実は独特の訛り(なまり)があったり、指導力に問題があったり。

スラリーeではその面からも十分レベルに達した人を採用しているのです。

また、それだけの人材を確保するために、講師は専属の正社員です。よそでは「在宅アルバイト」が当然のようにあります。そういった人は混じっていません。

また、この「在宅」かどうかの違いは、決して影響が小さくありません。

他社のレッスン体験者の口コミなどをチェックしてもらうと分かりますが、「現地に台風が来たらしく、しばらく通信できない」「回線の品質が悪いのか、電力が不安定なのか、声がちゃんと聞き取れない」なんてことが珍しくありません。そういう場合は、相手の講師は自宅のパソコンで応対していることが多いようです。

が、スラリーeでは講師は全部、ティーチャーズセンターに出勤して、ちゃんと通信回線・電力に問題のない所で、生徒に対しています。