中学生の英語も大事です


もし、英語が共通語である国に生まれ育ったならば、何の苦労もなしに英語が話せるでしょう。

小学生はおろか、幼児でも話しています。

彼らを見ると、当然のことながら、教室に通う必要もなければ、参考書を使ったわけではありません。つまり、「勉強」という形をとらなくても、英語をマスターしていくのです。

が、一方の日本人といえば、ちゃんと工夫されているはずの教科書を使い、ちゃんと順序立てて授業も受けているはずです。が、とても進歩が遅いです。

何が違うかといえば、毎日の環境の中に英語があるかどうかだけです。

現実に、英語の中に暮らしているわけでなければ、やはり勉強という形でマスターするしかないです。

もし、あなたが中学生であるのならば、一足飛びに英語ができるようなことを夢見ていると、スタートを間違うことになります。

まずは、学校の成績を上げることを目指しましょう。これが、結局は正しい方向を目指すことになります。

一年生のうちはまずは、語彙(ごい)力を高めることが必要です。知っている英単語が多いほど有利です。

効率のいいやり方、というのはありません。ただただその単語を繰り返し、口に出し、手で書いてみるだけです。

これをサボってしまうと、二年生三年生と進んでいくと、借金が積もっていくばかりです。気が付いたときには、どうじたばた騒いでも返せなくなっているかもしれません。

まずは英語の勉強を毎日の習慣とするところから始めるようにしましょう。